酵素と酵母、名前は似てるけど違うもの

ダイエットや美容に効果がある事からサプリメントや健康食品に多用されている酵素と酵母は名前は似通っていますが違います。両方とも発酵と深い関わりがあり、その研究の中で存在が明らかにされましたが酵素は体内で有益な化学反応の触媒役として作用するタンパク質です。消化や新陳代謝など体内でも重要な役割を担っており、不足すると有害物質が蓄積したり、老化が進むなどの悪影響があります。健康食品の場合野草やハーブ等を発酵させた商品を指します。一方酵母は微生物であり人間以外の動植物にも偏在しています。ビールでその名を広く知られるようになりましたが、糖分解時にアルコールを発酵させる性質があります。両方とも体の中で免疫機能を活性化させたりエイジングを抑制したりする効果があり、美肌のためにも継続的に摂取をすると有益です。酵素は熱に弱い性質があるので冷たいまま引用するのが原則です。一方酵母は外壁に囲まれているため、比較的温度変化や胃酸に強く死滅せずに腸に届く確率が高いのが特徴でビタミンなどの各種栄養素を豊富に含んでいます。食後に飲む事で血中の脂肪やコレステロールの蓄積を防ぎ、スリムな体形の維持に役立ちます。ある程度の期間継続をする事で効果を実感する事ができます。

コメントは受け付けていません。